サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第27回(2003年)サンスポ千葉マリンハーフ完走記(その1)

<<   作成日時 : 2006/01/12 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1月22日の第30回サンスポ千葉マリンハーフに3年ぶりのハーフベストを達成するために、2003年のサンスポ千葉マリンで出したハーフベスト1時間20分06秒の完走記を掘り起こしてみました。
この完走記は3年前に書いたもので、当時と現在では異なった表現もありますが、そのまま掲載します。
なお、長文ですので、3回に分けて掲載します。気長にお読みください。
(注)写真は2000年の時のゴール目前(マリン球場内)のものです。
ぼけてすみません(苦笑)

<プロローグ>

平成15年1月19日(日)、本日の天候は曇り。天気予報によると昼頃から雨ということ。この大会は今回で5回目、5年連続となるが、それ以前から例年天候に恵まれない大会らしい。昨年は珍しくポカポカ陽気だった気がする。一昨年は前日が大雪であわや中止かと思ったくらいだ。しかし、当日は晴れてコース上の雪が解け大丈夫であったが、会場(千葉マリン球場)へ行く際は首都高速が凍結のため通行止め。仕方なく一般道で行ったが時間に間に合うかハラハラしながら運転していったのを覚えている。途中、スリップして事故ってる車もあったけ。最初に参加したときは雨。しかも気温も低く寒いことしか記憶にない。あれは、ハーフマラソン2回目でしたか、雨の時の最善の格好なんか分かるわけなく、たしか長袖シャツ(綿100%)にTシャツの重ね着、下は肌着のロングタイツにラグビーパンツの重ね着だっけ。こんな格好では雨に濡れてますます寒さが倍増するわけで、しかも後半はバテて歩いたり、走ったりで寒い寒い。1時間52分28秒と散々なレースであった。この時はまだ市民ランナー駆出しの頃。まぁ、しょうーがないか。

この大会に対する意気込みは常にその時の自分のベストタイムをたたき出すこと。ハーフマラソンでは最も注力している大会だ。今年は昨年も頓挫してしまった1時間19分台を何とか出したい!(初回に比べると大した進歩だと我ながら感心)。しかし、前日に軽い調整をしようとしたが、仕事疲れと軽い風邪気味もあり体がだるい。6時に起床したが無理に調整ランをしても余計疲れるだけだと判断し、疲労回復をするため10時頃まで長女とグタグタ寝た。そして昼寝もし、努めてダラダラ調整となった。この調整が吉とでるか凶とでるか如何に。。。


<当日の朝>

当日6時過ぎに起床。今年からスタート時間が1時間早まったため7時に我が家のステッピー(StepWgn)で出発の予定だ。体の調子はまあ悪くもなく前日のダラダラ調整が良かったのだろうか。さあ、朝食は、いつもの通りアンコの串団子3本。腹持ちがよい団子は朝ランでもロング走をする時も必須だ。スタートが10時10分だからちょうどよい時間帯だろう。嫁はんと子供達はまだ寝ている。いそいそと仕度をし、7時過ぎにいざ出発。毎回、車で行くが会場の場所柄、電車では不便だ。綾瀬から海浜幕張は東京駅から京葉線か、もしくは新松戸から武蔵野線〜京葉線などを経由していかなくてはならない。車だと首都高速で「あっ」という間だ。小菅I.C.から乗り(まだここはETCがないのよね)湾岸線経由で走る。案の定、首都高速は空いており、なんと7時40分頃にはメッセ幕張の駐車場に収まってしまった。受付は8時からなのでまだ車中でのんびりしていよう。外は曇りであるが、時々雨粒が窓につく。予報は昼頃からということであるが、もうですか?勘弁してくださいよ。思わず初回の雨の中のレースを思い出してしまった。ステッピーの3列目シートから足を投げ出し、今日はランシャツだけにするか下にTシャツを着るか迷う。とするうちにそろそろ8時なので取りあえず受付と恒例のNew Balanceのショッピングとするか!

今回のゼッケンは1250番。これは念願の番号帯といっていい。自分は陸連登録をしているが、この大会だけはわざと一般の部で参加している。一般の部の最前列は1000〜1500番、ということはスタートロスが殆どないわけ。グロスタイムで勝負する世界としてスタートロスは少ないに越したことはない。昨年は1600番台で12秒のロスが生じてしまった。ゼッケン番号は申込時の申告タイムで決まるから、たしか今回は1時間16分位にしたっけ?まあ、さば読みタイムはみんなしているだろう。

必要最低限の荷物を持ち、受付のため千葉マリン球場へ向う。まだ8時前だから駐車場の埋まりもまだまだで人の数もごく普通だ。歩道橋を渡り、サンスポの応援旗を配っている人がいる。走る本人が貰ってもしょうがないが、子供達のおもちゃになるかなと思い、戻るときに貰うことにした。所々にスタッフの人達が固まり最後の確認をしているようだ。さあ、受付だ。おばさまに「おはようございます」と引換証を渡す。「頑張ってね」と労い?を貰う。そして上階にあがりNew Balanceのブースを覗く。今日は靴下2足と何かお得なものがあればと思いあれこれ手に取る。毎年ここでタイツやらウインドブレーカーなどを買っているが、今日は何故かオレンジ色のTシャツを1,900円で買ってしまった。Tシャツといえば、参加賞Tシャツは沢山あるが速乾性がない綿100%のものばかりだから寝巻きにしかならない。ランに役立つものがほしいわね、もう。。。

買物も終わり、再び駐車場へ向う。歩いたので予定通り?便意も感じはじめ、駐車場のトイレで用を済ます。ここは個室が10個近くあるからスムースだ。球場のトイレは最悪だ。並ぶ人も多ければ回転率も悪い。各トイレに個室は1個しかないから。スッキリして車の中でゼッケンを付ける。今日はやはりランシャツ(墨●ランシャツでごめんなさいね、と心で店長に謝る)のみで行こうと決める。雨はおそらく大丈夫だろう。そして風もあまり感じない。寒いけどコンディションはグーですね。自分の体調は別として。そしてプログラムを開き、今日の参加者の顔ぶれを見る。今年の招待選手は?と、ん?全日本女子ボクシング何とか?なんだ?どういう繋がりなんだ?そして、あ〜、偉大なる小出義雄様は今年もいらっしゃる。よしよし。登録の部のエントリーを見ると、ん?おっ、従兄弟がエントリーしている。けど仕事が忙しく納得する走りができないようで、多分来ないだろう。従兄弟はつくばでもエントリーしていたが欠場していた。彼は昨年の北海道マラソンで2時間53分、ハーフも京都シティとか大阪シティとかにも遠征して17分台の走力だ。ふとしたことから親戚にもマラソン野郎がいたことが発覚し、自分の母親と向こうの母親との間でお互いの情報がやり取りされている。さて、チーム走り屋のメンバーは?所属名を見ても見当たらない?勿論、名前を見ても分からない。たしかピロさんとくまさんがでると予定にはあったが。そんなこんなでいたら、また予定外の便意を感じてきてしまった。今日はよくでるな〜と思いながらも(家でもした)再度トイレへ行く。よし、これが終わったら球場へ行くか!


<球場入り>

時間は9時前。おおっ、球場へ向う人が多い。ゼッケンをつけた人も多い。そうか5kmが9時30分スタートだもんな。受付の前を通ると、「○○(にいやん)さん!」と声。ふと見ると墨●のS君だ。そうか彼も出るって言ってたな。特に待ち合わせを決めていなかったが、こんな人数のなかで落ち合うとは偶然の極みだ。数秒でも数メートルでもずれていたら遭遇しないもんな。彼は、昨年にウルトラを4レースもやり、ほぼ毎週フルやハーフなどに参加している。体力もさることながらお財布も大変だろうといつも思う。二人でスタンドへ向う。自分としていつも決めている陣取り場所があるが、今日は時間が遅いことからいつもの場所には先客がいる。止むを得ず、三塁側スタンド最上階左端付近に空いてる席をとる。ここなら雨が降ってきても濡れないだろう。彼の準備を待ち、アップを始める。球場外を3周する。ん、Finish地点が外にあるぞ、今年は球場内じゃないのか?(帰宅後に球場の改修工事で使用禁止であったことを知る)

アップを終え、時間も9時40分。さあ、スタート地点へ向おう!いよいよ始まるぞ!前置きが非常に長くなってしまったが、スタート地点へ向い始めた。途中、緑色のカナガワRCのユニフォームの人を見つけた。見覚えのある人だが名前は知らない。登録の部のゼッケンだ。こちらは一般の部の先頭ラインへ向う。S君も同じ番号帯だ。またであるが途中、習性がどうかわからないが昨年も同じ箇所で尿意を感じてきて、昨年と同じ場所で小用を済ます。緊張してるのか? と、そこにも見覚えのある方がいる、荒川河川敷でよくすれ違う人だ。50才を超えているのに今だに2時間50分前後、ハーフも17分前後で走るNさんだ。Nさんも用を足している。ん、一般の部のゼッケンだ。Nさんとは会話をしたことは無い。こちらが勝手に知っているだけであるが、でも向こうもよく荒川ですれ違うから顔位は見たことあるな?位は認識していてくれているかな? と寄り道しながら先頭グループへ入り無理を承知で3列目に割り込む。

ごめんなさいね、後から来たのに、と心の中で謝る。
 <続く>


人気ブログランキングはこちらから!
明日、その2 レース編(前編)を掲載します。
感想をよろしく〜!







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです(^_^)/~千葉マリンに向けての意気込みが伝わってきます。私はマリン今年は不参加ですが、にいやんが80分を破るように応援しています!!!3'45イーブンで1h19m07sにいやんの力から考えると、必ず出来るはずデス! GO FOR IT!!!
ご〜すけ叔父さん
2006/01/14 13:36
まいどです!
80分切りは届くようでなかなか届かないだよねぇ。。。
いつも入り1kmは3:45前なんだけど、最後まで持たせるのがしんどい。
日曜は気温も低そうで雨さえ降らなければ2003年と同じコンディションかも(苦笑)

ごうすけさんも別大ファイトだよ!
にいやん
2006/01/16 22:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第27回(2003年)サンスポ千葉マリンハーフ完走記(その1) サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる