サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒川の日陰コース

<<   作成日時 : 2006/08/19 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も朝から日差しが強かったです。
湿度はだいぶ下がったようで、これまでの蒸し蒸し感は感じなかったと思います。
しかし、暑かった。。。
そんなコンディションでも荒川で快適に走れるのが今更ながらわかりました。。。

これまでは左岸(上流に向かって)ばかりを走ってました。
こちらのほうがトイレや水道など整備されているからです。
右岸はたまに新荒川大橋〜千住新橋間を走るときがありましたが、左岸よりも整備が遅れている感がありました。

しかし、夏場になると日陰が一切ない左岸のコース。
灼熱の地獄となり、非常に億劫になり、距離も稼げません。

そこで、ラン友の薦めで右岸の木根川橋〜葛西橋過ぎまでは、沿って通る首都高速の中央環状線のお陰で日陰になることがわかりました。

先週にも走ってみたのですが、曇空でどういう日陰になるのか不明でした。

そこで、今日走ってみると、

木根川橋から1km付近にある首都高の葛飾ハープ橋から葛西橋過ぎまで「完全」に日陰になってました。

今日は南風がやや強かったので、往路は日陰に向かい風を受けて汗もあまりでません。
正直、快適です。
路面からの照り返しもなく、すばらしい。。。(苦笑)

葛西橋で折り返し後、追い風で無風感覚のため汗が噴出しましたが、ペースはキロ4分半あたりまで上げられたと思います。

しかし、水場が木根川橋以降にないので約14kmの長丁場を無給水で行かなければなりません。
やっとたどり着いた水場で水の恵みをたんまりといただきました(苦笑)

木根川橋〜堀切橋間は完全な日当コースなので非常にしんどかったです。
ペースはヘロヘロになり、正直ぶっ倒れるかと思いました。
ちょっとした日陰箇所で少し休憩するなど、無理せずに行きました。

ということで、本日の走行距離は自宅発着で23km。
そのうち、13kmが完全な日陰でした。

今度は凍らせた水などを持って行こうかと思います。

一度、こういうコースを走ると、日当コースは走りたくないですね(苦笑)

ランニング日誌
日 時 : 8月19日(土) 7:45〜
天 候 : 晴
コース : 自宅発 荒川河川敷 堀切橋〜葛西橋(往復)
距 離 : 23.0km(8月累計距離 223.2km/11日目)
タイム : 荒川河川敷 19.0km 1:37:20(51:23−45:57)
体 重 : ラン後66.4kg ← 久々の66kg台


ラン後、体力が消耗して家の中でへたれてたので、夕食は焼肉にしました。
夕食後、駅前の公園では盆踊り。
毎年恒例のものでフラフラしたけど、生中3杯飲んでいたのでなおさらフラフラでした(苦笑)
そして、22時半頃までリビングで寝てしまいました。。。


↑ よろしければクリックをお願いします

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
荒川の日陰コース サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる