サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第26回つくばマラソン完走記(その2)

<<   作成日時 : 2006/11/30 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

完走記その2です。
たぶんこれでも終わりそうもありません(苦笑)
書く時間があまりとれずなので。。。
気長にどうぞ。
その1はこちらから。

まずは、
人気ブログランキング
↑ クリックをお願いします

画像9時30分、総勢8,548名(公表)のランナーがスタートした。
スタート時の天候は、発表では曇、気温9度、湿度73%、西北西の風1.3mと”絶好のマラソン日和”。
今回からコースが変更となり、22km過ぎで折り返して後続ランナーとすれ違うことになった。
これは、荒川マラソンと同じコース状況となり、都合が良い。

さて、目標はもちろんサブスリーであるが、いつも迷うのがペース配分である。
最近のレースでは、おおよそ1km4分5秒前後、5km20分20〜30秒で入り、中間点(21.0975km)が1時間25分前後である。
そして、30kmを2時間01分台で通過できればなんとか大丈夫。
30km以降のペースダウンは避けられないが、それまでの「貯金」をどれだけ最少に「食いつぶす」かが鍵。

ただし、3回のサブスリーはすべて荒川マラソンであり、時期も3月。
ピークの持っていき方がまだまだ先。
11月のつくばは緒戦であり、フルに対応する練習もうまくできていなかったのがこれまでの事実。

しかし、今回は防府読売マラソン(12月17日)を泣く泣く家庭調整(?)のために断念したことや、2月の東京マラソンをきっちりと走りたいという思惑から万全(?)な練習を積んだ結果がきちんと効果を生み出すのかを検証する必要もあった。

それがこの「つくば」であり、また、いい加減に荒川以外のサブスリーを成し遂げたいという執念もあった。
そして、過去の練習方法に見習い、1週間内に30km超のロング走を3回こなす短期集中練習を11月4日(土)に31km、8日(水)に33km、11日(土)に35kmと行った。
走る度に耐久性がつき、ペースも上げられた。

ということで、ペース配分はいつものとおりと考えスタートした。
しかし、筑波大学周回コースの路面表示されていた1km毎表示がコース変更に伴い、スタート位置もずれたようで、ラップが5分近くかかっていた。
正確なラップではないため、速いのか遅いのかわからなくなってしまった。

前方には知り合いのHさんが見えており、そう極端に速い入りをするとは思えなかったのでHさんを視界に捕らえながら行くことにした。
3km辺りだろうか?横にチーム走り屋のゴンさんが寄ってきたので聞いてみた。
「これはキロ4より速い?遅い?」
ゴンさん曰く、
「キロ4は切ってるよ」

ん・・・やはりそうか。。。と思いながらもゴンさんと一緒に走った。

>>> 5km通過 >>> 19分44秒

おおっと、予定よりだいぶ速くなってしまった。
昨年の防府読売マラソンでもこの位で入り、結果として寒さもあったが20km前からペースダウンし、26kmでリタイヤした苦い経験がある。
このままでは同じことになるのか? と不安になった。

5km通過後、ゴンさんが前に出ていった。
後で聞いたら、敢えてペースを上げたそうだ。
ゴンさんは防府読売マラソンに出るので、今回は30kmまでは防府を想定して走り、後は状況次第で対応するとのこと。

私は気持ち的にペースを下げたような変わらなかったような。。。
とりあえず、呼吸も楽だし、コンディションもいい。
そのときに前後にいた流山RCのおじさんと背が高い黄色ランシャツのおじさんをペースメイカーとして一緒に行くことにした。

そして、旧距離表示間を計ってみると、キロ4分を若干切ったペースである。
リズムよく走れていたので、ペースは落とさずにこのままでいくことにした。
どうせ後半はダウンするのだから、なるべく「貯金」を稼ごうと賭けにでた。

>>> 10km通過 >>> 39分36秒(ラップ19分52秒)

ほとんどペース変わらず。
このあたりはコースも直線で隣車線には車が通る。
路面は車の轍がそれなりにあり、走りづらい。
でも、寒さもなく、風もあまり感じない。いい感じだ。

やがて横から手を上げて追い抜いていくランナーが。
あれ〜?とっくのとうに前を走っていたと思っていたラン仲間の「食いタン」くん。
どうやらスタート前のトイレ行列によってスタートに出遅れたらしい。
ロスが2分以上もあったので、10km過ぎてやっと私に追いついたわけだ。
もともと2時間40分台のポテンシャルがある食いタンくんは軽やかな走りです−ッと前へ行っていった。

コースは左折し、15km地点へ向かう。

>>> 15km通過 >>> 59分29秒(ラップ19分53秒)

またもやペース変わらず。
まだまだ余裕はあるがどうなるんかなあ。。。
確かこの時点では流山RCのおじさん達は後方に下がって、別の集団に付いていたような。

そして、まもなく声を掛けられた。
ありゃ〜?これまたとっくのとうに前を走っていたと思っていたラン仲間の「大王」さん。
どうやら風邪気味の体調を考え自重していたらしい。
しかも、私をずっと視界においてペースメイカーにしていたようだ(苦笑)

大王さんは少し私の前に出ていたが17km辺りの給水所で一旦追い抜いた。
でも、実力的には私より速いので(同い年であるが)、安定した走りでじょじょに前へ出ていった。

まもなく20km地点。

>>> 20km通過 >>> 1時間19分32秒(ラップ20分03秒)

ラップが20分を超えたが大した落ちではない。
とりあえず防府のような失速はなかった。
そろそろ先頭グループが折り返してすれ違うはずだ。

そして中間点へ。

>>> 21.0975km通過 >>> 1時間23分43秒(ラップ4分11秒)

おおおっと!24分を切ってしまった。
最近のハーフが21分台だから2分強の落ちだけ。
しかも1.0975kmのラップが4分11秒とは、先月の手賀沼ハーフでさえラストスパートしたつもりで4分10秒だからマジ?って感じ。
ますます後半が心配になってきた。

この時点ではすでに先頭ランナーがすれ違ってきた。
トップはなんとゲストランナーのエリック・ワイナイワ選手。
ゲストが先頭になってどうする?とツッコミたくなった(苦笑)
その周りには5〜6人の学生ランナーがいたと思う。

そして、ラン仲間もすれ違いはじめた。
まず、マッチョさん。2時間40分切りを目標に走っているからさすがに速い。
次は、おおっ、食いタンくん。速いね〜。
そして、ご〜すけ叔父さん。いいね、いいね〜。
あれ、大王さんは? 見落としたらしい。

ともかく、私も折り返しポイントに到達。
ズルしないようにここでチップ計測がされてた。

さあ、いよいよ後半戦だ。
過去最速のペースがどうなるんか?

(続く)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
改めまして自己ベストおめでとうございます。
5kmから一緒に走った黄色いランシャツの背の高いおじさんは、
下の娘の担任のご主人のTさんです。

スタート後しばらくして、はぎさんとTさんが併走しているのを見つけて追いつきました。
ここしばらくTさんはサブ3できていませんでしたので、「今回は何とかサブ3」とレース前少し話しました。

ということで、担任の家庭訪問や学校での個人面談では子供の話は数分。
残りの時間はランの話がほとんどになってしまいます。(爆)
この担任も少し走っていて共通する話題があり、担任と保護者の関係はすこぶる良好です。

ちなみにこのTさんも同じ職業です。(笑)
ゴン
2006/12/01 09:33
ゴンさん
改めてお疲れ様でした。
小さな環境破壊をしてもサブスリーはさすがですね(苦笑)
あの黄色のTさんはゴンさんの知り合いでしたか。。。
誰かさんの知り合いだった・・・という場面が多いですね。。。
不思議な縁というか。手賀沼で一緒だったSくんもそうだったし。

担任と保護者の関係がすこぶる良いのはゴンさんらしい。
そのうち、PTA会長をお願いされたりして(苦笑)
にいやん
2006/12/01 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第26回つくばマラソン完走記(その2) サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる