サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京国際女子マラソン

<<   作成日時 : 2007/11/18 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像今年で最後?と噂された東京国際女子マラソン。
昨年の寒い雨と打って変わり、日差しが照り、気温20度(以上?)、風4メートルなど、マラソンには厳しいともいえるコンディション。
思わず、2003年開催の高橋Qちゃんのアテネ選考会の失速を思い出してしまったよ。
あの時は、第25回記念ということで、一般男子の部も併設されて私も参加したけど、暑さ、強風、給水不足、痙攣で40km関門アウトという散々であった。
ところが、野口みずき選手のあの圧巻の走り。
TVで見ていて鳥肌がたったよ。

身長150cm、体重40kgというほんとに小柄なのに(うちのママと同じ・・・苦笑)、どうして、あれだけの走りができるのか・・・
身体が大きい自分が情けなくなってくるね。

渋井か、野口か、代表枠獲得はこのどちらかと言われていたが、練習量、ハングリーさなどから野口ではないかと思っていたが、ここまでの走りをするとはね。

2時間21分37秒。。。

ほへぇ・・・・・

渋井は失速したら、気持ち的にも切れたようで、ジョグ状態で最後まで走りぬいたとはいえ、せめて競技場内ではもうすこし踏ん張ってほしかった。

応援してくれていた人たちへのせめてもの思いで、最後位は力を振り絞ってほしかった。
苦しいのは自分の経験上わかるが、競技場に入れば不思議と最後の力で少しはペースアップできる。

最後の直線で、日本人選手にも追い抜かれたが、抜かれても悔しさというか順位を一つでも死守しようという気もなかったようだ。


反面、野口は2年間の故障の悔しさをバネに素晴らしい結果を出せたと思う。
北京オリンピックは当確であろうし、本番での五輪2連覇も夢ではないかもしれない。

個人的には高橋Qちゃんも応援したいが、正直、力の差が開いてきているといえるかも。
Qちゃんは大阪か名古屋かは定かではないが、よほどのインパクトある走りをしないと厳しいではないだろうか?

でも、土佐、野口が決まり、残り1人で有力そうなのは・・・

福士加代子!?

どうなるんかなぁ。。。

くる天 ブログランキング
↑ よろしければ投票ボタンのクリックをお願いします。
人気blogランキング
↑ よろしければクリックをお願いします

ランニング日誌
日 時 : 11月18日(日) 9:20〜
天 候 : 晴
コース : 自宅発 荒川河川敷 堀切橋〜扇大橋過ぎ(往復)
距 離 : 15.4km(11月累計距離 196.8km/10日目)
タイム : 荒川河川敷 10.0km 47:07(24:41−22:26)

コース : 小菅東スポーツ公園(700m/周)
距 離 : 5.6km(11月累計距離 202.4km/10日目)
タイム : 公園周回 5.6km
体 重 : ラン後66.0kg

公園では子供達の練習。
子供達が来る前に3周ジョグ。
子供と1周ラン(3:55)−ウォーク−1周ラン(3:35)−ウォーク−じゅりと3周ラン。
じゅりは本番でも3周なのでトライしてみた。
13:30(4:35−4:35−4:20)と苦しいなりに踏ん張ったかな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京国際女子マラソン サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる