サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 日原鍾乳洞

<<   作成日時 : 2008/11/08 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像先週の日曜日に行った奥多摩方面の日原(にっぱら)鍾乳洞。
関東で随一の奥行き800mの鍾乳洞なんですって。
鍾乳洞って、小さい頃、どこかのを行った記憶があるようでないような感じで、自分のためでもあるけど、子供たちに自然の偉大さを間近で感じてほしいと思い、半ば無理やりに連れて行きました。
途中、子供たちは「行かなくてもいい!」と駄々をこねていたんですけどね。。。

日原鍾乳洞は、国道411号線を中央道八王子ICから約40km程度に位置し、奥多摩湖前で日原街道に入ります。
ここから近いかなぁ?と思っていると、日原街道に入ってからも10kmの道のり。
平坦な道であればなんでもないんだけど、これが苦労な道路でした。

観光場所としても有名であり、おそらく行楽シーズンには多くのマイカーで群がるであろう道路がとにかく狭い!
ほとんどが一車線で、まともに対向車とすれ違えない。
ところどころに退避できる場所があるけど、スペースが十分ではないんです。

何回か、ほんとギリギリに幅寄せしてなんとかすれ違ったことか。。。
でも、こういったときにサイドモニターで助かりましたね。
サイドモニターは時速10km未満でしかナビ画面に写らないけど。

そんな苦労の道のり、曲がり多く、アップダウンが多く、子供たちはやや車酔い気味。
途中、止まって外の空気を吸わせたりしたけど、駄々こねてきました。

画像なんとか、現場に到着。
駐車場は川沿いで、冷たい川水で遊ぶこともできます。
落ち着いたところで、いざ鍾乳洞へ。

入場料は大人600円、子供400円。
中の気温はだいたい11度位らしいです。
夏は涼しく、冬は暖かい。
当日の外気温は17度位でしたから、中はやや涼しい、というか肌寒い感じでしょうか。

画像

中に入ると、下は水たまりも多く、上からはポタポタと地下水?が落ちてきます。
入場している人は多くなく、自由に動きまわれました。
窮屈ではありましたが。
画像頭上に気をつけながら、順路に沿ってポイントポイントを見ました。
写真ではうまく中の様子が表現できませんが、「天井知らず」の広いところや急激な階段で上がったり下がったりと自然が作り出した造形に翻弄されました。

ただ、象徴的な大きな柱?はなく、「こりゃぁすげぇ!」的な感が感じられなかったのもありますが、初めてに等しい鍾乳洞の探索に満足しました。
奥多摩にはここを筆頭に大小いくつかの鍾乳洞があるようです。

鍾乳洞を出たあとは、太陽が顔を出してきて、紅葉めいた山々を明るく光らせてきました。
後は帰路につくだけなので、しばし、川遊び。
綺麗な石をさがしたり、スナックタイムにしたり。

ここはそう何回もくることはないだろうけど、あの細い道だけはなんとかしてほしいね。
帰り道は1回だけギリギリすれ違いがあったけど。

それと、鍾乳洞の中では懐中電灯が必要ですね。
中の照明も遠くまでは届かないから。

カメラもフラッシュをたくとほとんどダメです。
ナチュラルモードで撮ってましたが、いかがでしょうか。。。
画像

画像

画像

画像

くる天 ブログランキング
↑ よろしければ投票ボタンのクリックをお願いします。
人気blogランキング
↑ よろしければクリックをお願いします

ランニング日誌
日 時 : 11月8日(土) 8:18〜
天 候 : 雨
コース : 自宅発 小菅東スポーツ公園内
距 離 : 11.6km(11月累計距離 102.8km/5日目)
タイム : 公園内 10.0km 49:37(26:17−23:20)
体 重 : ラン後 65.00kg
体脂肪 : ラン後 10.5%

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日原鍾乳洞 サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる