サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥武蔵マラニック

<<   作成日時 : 2009/07/13 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像7月12日(日)、当初の天気予報の「曇り時々雨」は、主催者のランバディ・ランニングクラブの伊藤コーチの晴男の面目で、晴れ間も覗く、でも雲も多めにあり、マラニックには良い天気となりました。
当日は、西武秩父線の「武蔵横田駅」に8時05分に到着。
田舎ですなぁ。。。(苦笑)
駅舎も小さく、小さな待合場?にはマラニックをしようとするランナーが10名程度。
今回のランバディ主催のマラニック参加は、コーチを含めて6名。
会員さんが3名(女性)と会員外が私ともう一人(Oさん、男性)。
スタート前に簡単な自己紹介をして、駅近くの横道からスタート。


画像

スタート早々から登り道で木々が立ち並び、日陰が覆おう一本道。
これがマラニックか・・・と早々に嬉しくなってきました(笑)

スタートして十数分後、女性の一人が体調が芳しくないのかマラニックを取りやめてしまい、5人で37km行程の武甲温泉を目指すことになりました。
会員さんの2名の女性、SさんとHさんは、ここ奥武蔵コースはベテランであり、軽やかに先へ登っていきます。
私は初心者だし、基本的にはコーチと一緒に脚を進めました。

ペースは遅くても、登りばかりなので、慣れていない身体は汗が噴出す。
背中はランパックを背負っているので、なおさら汗だらけ。

しばらく走っていると、前にSさんとHさん、後ろにコーチとOさん、私はその中間にひとりラン。
Oさんが思ったより登りのペースが遅く、少しずつ離れていきます。
登りのラン、レースの時では周りのランナーが遅くなり、自分がスイスイと追いつき、追い抜けるときが多いが、今回、ペースは普段のランよりは明らかに遅め、でも、ストライドとピッチは楽な感じで進んでいったけど、なぜかSさん、Hさんに追いついてきてしまった。

コースをまったく知らない私は二人に付いて行くしかないが、登りに入ると二人のペースが落ちてしまうのかどうしても前に出てしまう。
コーチとOさんはだいぶ後方におり、5人がバラけて走るのもどうなんかな?と思ったけど、道は一本だし、仮に分かれ道などのポイント所では止まって待つということもできるので、途中から自分のペースで通すことにしてみました。

行けども行けども登り道。
経過時間を見ても普段のペースより遅いので、時間は経っても距離は思ったより経ていないとなり、先が見えないランには忍耐が必要。
果たして、自分には最後まで耐えられるのか?
レースでも初コースには弱いのに(苦笑)

最初のポイントは、「平九郎茶屋」。
距離位置は不明。。。経過時間は1時間を越えていたような。。。
ここで、給水などして休憩。
他のランナーもいて、Sさんと顔見知りもおり雑談も。
画像

ん?ここにこんなものが掲示されていたけど、ここが「顔振峠」?
画像

もし、ここがそうであれば、調べたところ、標高500m、スタートから11.7km付近(Googleマップ計測)。

さて、次のポイントは確か「関八州見晴台」。
ところどころ下りもあるけど、最高点の飯盛峠の980mへ向かって登っていきます。
なんとか先行しながら、途中立ち止まって待ったり、写真撮ったりとして、見晴台に到着。
ここに自販機があったけど、ほとんどが売り切れ。
かろうじてウーロン茶の350mlをゲット。
自前のアミノバリューは残っているけど、この先は自販機がないとのことで手に入れとかないと。

5人揃って再スタート。
飯盛峠を目指します。

登って、登って・・・奥武蔵グリーンラインをひた走る。
木々に囲まれて、空気もひんやり。

いいねぇ、マラニックっていうものは。
画像


(続く)

くる天 ブログランキング
↑ よろしければ投票ボタンのクリックをお願いします。
人気blogランキング
↑ よろしければクリックをお願いします


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
奥武蔵マラニック、楽しそうですね。
じつは実家が埼玉の大宮なので、20代の頃は毎週末バイクで秩父へ行きました。
このコースだと正丸峠にも行かれたのでは?
ここはマンガ「バリバリ伝説」の舞台になった由緒ある(笑)峠です。
ちぇーさん
2009/07/14 01:14
ちぇーさん

マラニックって面白いですね。
正丸峠は通ってないと思います。
バリバリ伝説ではないですが、ライダーもそれなりに通ってましたね。
バイクでのんびり走るのも楽しいかもしれません。
ライダーから見ると、なぜ走っているのか不思議かもしれませんね(苦笑)
にいやん
2009/07/16 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥武蔵マラニック サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる