サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 激走ランニング〜5,000m

<<   作成日時 : 2013/02/01 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜は激走ランニングで5,000mのタイムトライアルでした。
タイムトライアルといっても常に全力で、ってわけではないけど、現在のスピード持久力を試す良い機会。
激走のタイムトライアルは、毎月末の最終木曜日に実施されるのでタイミングが合えば走るようにしています。
昨夜は先週土曜日の荒川30kの後でもあり、明日もしくは明後日の40km走への刺激入れもあるので1本だけ走りました。

設定は3分35秒のペース走的に走れれば理想的とのこと、って18分切るの?って。。。
まあ、自分としては3分40秒ペースでまずは18分20秒を切れればと。

1月12日(土)の45km走、20日(日)のサンスポハーフ、26日(土)の荒川30kと疲労はあるはず。
怪我しないようにアップジョグをトラック8コース(454m)を10周回、27分かけてゆっくりと。

その後、長し150mを3本、今日の設定だと150mを32秒程度。
最初は適当な感覚だけど、31秒、33秒、32秒でした。

ストレッチとトイレなどして19時半にスタートです。

昨夜は別大マラソンを2月3日(日)に控えていることもあり、常連の速い面々が見当たらず。
3分35秒(400mを86秒)のペースメイクは誰かについていかないとなかなかキープできないのでうまく見つけられればいいなと。
とりあえず、先頭ラインからスタートして最初の200m通過を見て、その時点での周りのメンバーで見極めることにしました。

200m通過が42秒付近、そのときは2名が前におり(後ろにも1〜2名?)、そのままで400m通過が85秒、これで行こうと決めました。
あとはどこまで維持できるかです。

 1,000m通過 3分36秒

前を走っている人は上下ウインドブレーカー状態で、確か17分そこそこで走れる人であったと思い、あえて抑えているようです。
このままで行ってくれればうまく引っ張ってもらえるかなと。

 2,000m通過 7分13秒(3分37秒)

 3,000m通過 10分51秒(3分38秒)


なんとかここまで3分40秒以内を維持できるも楽ではないです。
でも、維持できるようになったんだとも思い、少し安堵。

ところが、3,400mを超えてきてから前の人がペースを上げ始めてきて踏ん張りどころ。

 4,000m通過 14分33秒(3分42秒)

ん・・・落ちたか、前の人もに離され、後ろの人にも前に出られ・・・、でもラスト1,000mをもっと踏ん張らないと駄目だと言い聞かせるも。。。

 5,000m終了 18分18秒(3分45秒)

はぁ・・・ペースが上がりも維持もできませんでした。
ただ、疲労が残っているであろう状態で、先月より9秒速くなり18分20秒はクリアできたことに良しとしようかと思いましたね。

2本目は走らずに再び8コースで10周回ジョグ。

5,000mを17分台で走ろうとするには、最初の1,000mを3分30秒とかオーバーペースかな?と思うくらいで入ったほうがいいのかな?
次の機会(おそらく4月?)にはチャレンジしてみようかなと思います。

くる天 ブログランキング
↑ よろしければ投票ボタンのクリックをお願いします。
人気blogランキング
↑ よろしければクリックをお願いします

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
激走ランニング〜5,000m サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる