サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒川30k冬大会の振り返り(その2)

<<   作成日時 : 2013/02/05 22:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

(その1)から時間が経ってしまいましたね、自分でも振り返りを忘れそう・・・。
記憶をたどりながら残りを書きたいと思います。
え〜っと、15kmを折り返してからですね。

【15km(第2折り返し)〜20km】

折り返してからは向い風が主になるがmここではまだ気になるほどではない状態。
そして、折り返してから2名が私の前に出てきたので、ちょうど向い風時の風避けになるかなと思い、彼らの後ろで行くことにした。
また、ここで携帯していたパワージェルを補給、一口一口とチビチビと舐めて?飲んで?後半に備えた。

気になるは15kmから16kmまでのラップが変わらずなのか、風の影響で少し落ちるのか?
向い風も吹くようになってきたから・・・。

 16km通過  4分03秒
 17km通過  4分02秒

4分を超えたけどこれは想定内。
脚はまだ問題なく、メンバーも変わらずで、前の2名を捕獲して激走のペース走の感覚で走る。

 18km通過  3分58秒
 19km通過  4分00秒

ペースが再び4分前後に戻り、これはうまくいけるのかな?と。
そして、20kmを通過。

 20km  1時間20分11秒(20分01秒)(4分03秒−4分02秒−3分58秒−4分00秒−3分58秒)

借金も11秒まで減り、アベレージ4分00秒もあと少し。
あと10km!

【20km〜24.5km(第3折り返し)〜25km】

そろそろ向い風が強くなってきて、気が抜けない状態。
21km地点がスタート・ゴール地点となり人も多いところ。

 21km通過  4分03秒

ここで、アミノバイタルパーフェクトゼリーを貰い、最後のエネルギーチャージ!
実は、これがもらえるから今回エントリーしたようなもの(苦笑)
これさえあれば最後まで・・・、思ったら・・・

 22km通過  4分13秒

やばっ、確かこの時までに後ろから1人が前に出てきて、先の2人とも少しずつ離れていくことに。
風の抵抗もさることながら、急に脚の動きが鈍くなってきて、あれ?あれ?って。

土手登りもあり、風も強く感じてペースダウンが目に見えてきた。
やばい!このままズルズルといってしまう。

向い風はあと2kmちょっと、我慢しなければ駄目だと自分に言い聞かせた。
後続のランナーにもポツポツと追いつかれて前に出て行かれるようになってしまった。

 23km通過  4分20秒
 24km通過  4分26秒

やばいよ〜、まずいよ〜(泣)

折り返し点が見えてきた、ここを周れば追い風、楽になるはず。。。
ようやっと折り返して風の抵抗が無くなり、ホッとしたけど残り5.5kmは大丈夫か?
左右の脹脛もなんかやばそうな感じだし、痙攣が起きるかもしれない。

 25km  1時間41分41秒(21分30秒)(4分03秒−4分13秒−4分20秒−4分26秒−4分28秒)

【25km〜ゴール】

とにかく風の抵抗も無くなったし、意地で走らなければ意味の無いレース(練習)になってしまう。
前に出られた人との差が変わらないので、とりあえずペースが落ち続けていないなと判断。
脚の動きも戻りつつあり、後は我慢だけ。

 26km通過  4分20秒

おっ、改善した。

 27km通過  4分06秒

えっ?一気に戻ってきた。
残り3km、土手登りが再びあるけど我武者羅に走った。
前のランナーとの差も詰まってきた。

 28km通過  4分01秒

よっしゃあ〜!苦しいけどここまで戻るとは想定外でビックリ!
2人を追い抜いた。

 29km通過  4分02秒

あと1km、このまま行けるはず。
ところが後ろから足音と息づかいが・・・、序盤に一緒だった女性ランナーに追いつかれ、簡単に前に出られた。
3分50秒位で走れているのか?差が開いていく。。。

ゴールが見えてきた。
残る力を振り絞って走った。。。つもり(苦笑)

 ゴール  2時間02分10秒(20分29秒)(4分20秒−4分06秒−4分01秒−4分02秒−4分00秒)

最後は4分00秒、4分半近くまで落ちてよくここまで戻せたものだ。
少しは成長したのかな?

結果的には、設定の2時間00分00秒より遅れたけど、河川敷特有の風影響を考慮すると許容内かなと。
収穫は最後に盛り返せたこと、いままでにはないから。

順位は、男子36位。
女子1位は2時間01分58秒、名前を見たら女子の上位に入る常連さんでした。

ゴール後、大判タオルをかけてもらい、参加賞の長袖Tシャツをもらい、ドーナッツをもらい、カップめんをもらい・・・
もらえるものは貰うと(苦笑)

荷物を受けとり、ダウンジョグをするためにウインブレを着ようとすると脚が・・・攣った。。。
シートになんとか座って治まるのを待つ。
左右とも攣ってしまい苦労しました。

なんとかジョグをゆっくりとしてほぐれたのか、その後は普通になりましたね。

この大会、コースは河川敷なので風の懸念はあるけど、30kmをきちんとやりたいというには活用できますね。

来年も参加して、今度は2時間を切れるようにします。

くる天 ブログランキング
↑ よろしければ投票ボタンのクリックをお願いします。
人気blogランキング
↑ よろしければクリックをお願いします

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
荒川30k冬大会の振り返り(その2) サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる