サラリーマンランナーの走遊録

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京マラソン完走記(その1)

<<   作成日時 : 2012/03/05 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

早いもので1週間が過ぎてしまいました。
すでに18日の荒川マラソンに向けて練習をしていますが、久しぶりに完走記をそれなりに書いてみようかと。
今日はスタート前までのことで、レース経過については盗撮写真がアップされたあとに、写真を織り交ぜながら書きたいと思います。

平成24年2月26日(日)、東京マラソン通算6回目の開催のうち、4回目の出場。
こればかりは運が良いほうだ。
出場したのは、2007年、2008年、2010年、そして今回の2012年。
スタート前のセレモニーで、東京マラソンの参加回数を聞いていたが、私の周辺(Aブロック)で見ると、「今回が初めて
」という方が結構多く、私の4回目となるとチラホラしか手をあげず。
でも、全部(6回連続)という強運の方が1名だけいた(驚)。

さて、当日は、5時半頃に起床。
前夜は0時半頃に就寝したものの、3時45分に目覚めてしまい、その後は寝たんだか寝れなかったのかよくわからずの状態だった。
ともかく、6時21分の電車に乗ることにしていたので、起き上がって着替えと食事を済ませた。
着替える前に、痙攣防止になるようにと願いながら、エルグフィルムを脹脛と太腿裏に貼った。
臀部は前夜の風呂後に、ママに貼ってもらった(苦笑)
食事は、串団子3本とおにぎり1個、これはフルマラソンのときに必ず食べるもの。
トイレは小のみで大は無し、レース中のトイレに不安増大。。。

不安を抱えながらも家を出ると、天気は曇り、風はあまり感じない。
寒からず暑からずでコンディションは良好。

新宿駅西口改札に7時前に到着、ここで5人の走友会仲間と合流した。
参加人数がだんだんと減ってきたような。
そして、いつものように、都庁前広場のミールサービスの横まで移動して陣取り。
途中、ゼッケン提示のゲートを通るが、今回は荷物を指定のビニール袋に入れないと荷物検査をするとアナウンスされていた。
入れたら安全なのか?と疑問に思うところであるが・・・。

場所確保後、速やかに着替えた。
あまりゆっくりとしておられず、走る格好になって100円ビニールポンチョを被り、荷物をビニール袋に入れてトイレへ。
仮設トイレは十分にあり、しかも、外国人参加者のために洋式対応用もそれなりにあった。
私も洋式のほうが楽なので並んだが、5分程度で順番が来た。
でも、出ず・・・、不安だ・・・。

8時15分、荷物をトラックへ預けに行った。
私のトラックは10番、一番若い番号であったこともあり、車列の奥に位置していた。
トラック周辺にはさまざまな仮装ランナーがおり、東京スカイツリーの被り衣装も。
これは走りにくいだろうけど、目立つだろうなと感心した。
自分もいつかは仮装でもしてみようかなと(苦笑)

そして、スタート地点へ向かい、Aブロックの右側車線へ入り、できるだけ前方へ縫って移動した。
2010年のときは紙ふぶきが飛び出す位置で約30秒ほどのスタートロスであったけど、今回はそれよりは前で18秒のロスであった。
スタート待ちの間は、ビニールポンチョにマスクで防寒。
そして、手にはパワージェルが一つ。
パワージェルは20km前後と30km過ぎに摂取するためにも、2つを両腕のアームウォーマーに挟んでいたが、ふと、スタート30分前とかでなく、直前にも摂取したらより持続するんじゃないだろうか?と。
ということで、スタート5分前にチューチューと頂きました。

そして、ビニールポンチョを脱ぎ、クルクルと丸めてばらけないように結んで沿道へポイッ!
マスクも取り、それで鼻をかんで(苦笑)、パワージェルの空きと一緒に丸めて手袋の中へ。
最初の給水所のゴミ箱に捨てようと。

という行動をとり、トイレの不安も抱えながらいよいよスタートへ。

予定通りに3時間を切れるのか?
ママともえかは間に合うように東京ビッグサイトのゴール観客席に来てくれるのか?

その結果がきちんとでることを天の神様に祈りつつ、曇り空を仰いだ(苦笑)
もえかも中学受験を苦しみながらもがんばって結果を残した。
ならば、舞台は違えども、親父も根性を出さなければ。

そして、9時10分に石原都知事の号砲でスタートした。


今回は文字だらけですが申しわけないです。

くる天 ブログランキング
↑ よろしければ投票ボタンのクリックをお願いします。
人気blogランキング
↑ よろしければクリックをお願いします

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
東京マラソン完走記(その1) サラリーマンランナーの走遊録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる